« マノー、新型車のクラッシュテストをクリア | トップページ | F1エンジン、2016年25%音量増大の期待 »

2016/01/17

F1給油、また復活に向け協議

Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
F1コスト削減のため、廃止とされたレース中の燃料給油だが、2017年を目途にまた復活に向けた動きが出て来たようだ。
これはFIA(国際自動車連盟)のF1ストラテジーグループが来週行う会議の議題として上げられているもの。

これについてFIAのジャン・トッド会長は、「また給油の復活に向けた話が出ているのは事実だ。
燃料給油のためにまたレース中ピットストップが行われるようになれば、各チームでのレース戦略も興味深いものになるし、観客にとってもエキサイティングな展開になる筈だ。
給油が廃止された最大の理由は大きなコストにあったが、われわれはこれについて解決の方法を見出している」と、前向き姿勢。

それによればこれに掛かるコスト増は年間わずか5万ユーロ(約640万円)に収まると説明している。

|

« マノー、新型車のクラッシュテストをクリア | トップページ | F1エンジン、2016年25%音量増大の期待 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63078289

この記事へのトラックバック一覧です: F1給油、また復活に向け協議:

« マノー、新型車のクラッシュテストをクリア | トップページ | F1エンジン、2016年25%音量増大の期待 »