« ウィリアムズ、今年も「控え目」新型車発表 | トップページ | ルノー、『PDVSA』の「スポンサー問題」を否定 »

2016/01/18

パット・シモンズ氏、「2017年の改訂先送りすべき」

Pat Symonds (C)Williams F1
拡大します
2014年に大きく変更されたF1レギュレーションは、近年のF1人気低迷やコスト増大もあり2017年には再び変更されようとしているが、これについてウィリアムズ・チームのパット・シモンズ/チーフ・テクニカル・オフィサーが異を唱えている。

「いまのF1に改革が必要だということは私も同意見だよ。
しかしそれは安易に急ぎすぎてはならない。
スポーツにおいてはある程度安定した規則というものが欠かせないんだ。
それはモーターレーシングにおいても同様。
いま計画されているような2017年シーズンでの大変更は、少し急ぎすぎではないか、というのが私の考えだ。
新しい規則を導入するには少なくとも1年間の検討が必要。
ということは、2017年では早すぎるんだ」

F1の大ベテランである同氏が育てたチャンピオンは、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、フェルナンド・アロンソなど枚挙に暇がない。

|

« ウィリアムズ、今年も「控え目」新型車発表 | トップページ | ルノー、『PDVSA』の「スポンサー問題」を否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63083643

この記事へのトラックバック一覧です: パット・シモンズ氏、「2017年の改訂先送りすべき」:

« ウィリアムズ、今年も「控え目」新型車発表 | トップページ | ルノー、『PDVSA』の「スポンサー問題」を否定 »