« フェラーリ、今年も新型車発表はインターネットで | トップページ | マクラーレン、創設期の幹部を失う »

2016/01/09

ルノー・チーム、「2016年マシンは大幅進化」

Renault Team motorhome (C)Renault F1 UK
拡大します
2016年シーズン、再びワークスチームとしてのF1参戦が決まっているルノー・チームでは、その2016年マシンについて大幅に進化させると意欲をみせている。
これはロータス・チームから引き続きテクニカル・ディレクターを務めるとみられるニック・チェスター氏が語ったもの。

「2016年はパワーユニットがメルセデスからルノー製のものに変更されるので当然のことながらかなりの変更がある。
しかしそれを除いてもいろいろな部分で新たなノーハウが投入される見通しだ。
そのため多少新車のデビューまでには時間が掛かっているが、今からわれわれのクルマが初めてコースインするのを見るのが楽しみだね」

開発のための資金はロータス時代より潤沢になるとみられるが、その分ルノーから掛かるプレッシャーは倍加する筈だ。
2016年のシーズン前テストは2月22日(月)からスタートする。

|

« フェラーリ、今年も新型車発表はインターネットで | トップページ | マクラーレン、創設期の幹部を失う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63030653

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・チーム、「2016年マシンは大幅進化」:

« フェラーリ、今年も新型車発表はインターネットで | トップページ | マクラーレン、創設期の幹部を失う »