« セパン・サーキット、コース閉鎖して改修へ | トップページ | 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 »

2015/12/24

エクレストン氏、タイヤ規格変更への抵抗に不満

Tyre Work (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1観客数、そしてテレビ放映視聴者数の減少に頭を痛めるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、モータースポーツ最高峰としてのF1の魅力を取り戻すため、いくつもの提言を行っている。

低価格パワーユニットと並び、その有力なアイデアの一つが幅広高性能タイヤの導入だ。
まずはルックスとしてのF1が、タイヤの幅が狭いため迫力に欠けるということ。
そして同時にグリップ力に欠けるためコーナリング・スピードが低いというものだ。

しかし同氏はこれについて、「われわれの希望に対し、好ましい反応が得られているとは言い難い。
実際に開発にあたるピレリ自身もそうだし、またそれを使用するチーム側もテストに消極的だ。
テストができなければタイヤを改良することもできないからね。
彼らはそもそも自分のことしか考えていない」と、ドイツの有力誌である『アウトモーター・ウント・スポルト』に不満を示している。

|

« セパン・サーキット、コース閉鎖して改修へ | トップページ | 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62927981

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、タイヤ規格変更への抵抗に不満:

« セパン・サーキット、コース閉鎖して改修へ | トップページ | 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 »