« ルノー、「王者メルセデス並予算」の裏に | トップページ | レッドブル、早くも2017年シーズンを視野に »

2015/12/09

ロータス現首脳、「来季ドライバー契約有効」強調

PDVSA/Lotus Renault (C)Lotus Team
拡大します
ロータス・チームを買収、来シーズンは再びフランス・メーカーとしてのワークス参戦が決まった新生ルノー・チームだが、同社のカルロス・ゴーン/CEOが「来季の体制についてはまだ確定していない」と発言したことについて、ロータス・チームマシュー・カーター/CEO(最高経営責任者)が強く反発している。

「ゴーン氏がチームの戦略やパートナーについて展開の余地を示したことは理解できる。
しかしドライバー・ラインナップについてはすでにわれわれが契約し、それも含めてルノーに売却したことになっているもの。
したがって来季レースドライバーがマルドナド&パーマー以外になることはあり得ない。
ルノーがフランス・メーカーとして影響力を果たしたいというなら、それはテスト&リザーブドライバーに限られることになる」と、言明した。

この裏にはマルドナドを支援する『PDVSA』(国営ベネズエラ石油)など有力スポンサーとの違約金発生を憂慮する現首脳の怖れが伝わってくるようだ。

|

« ルノー、「王者メルセデス並予算」の裏に | トップページ | レッドブル、早くも2017年シーズンを視野に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62835203

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス現首脳、「来季ドライバー契約有効」強調:

« ルノー、「王者メルセデス並予算」の裏に | トップページ | レッドブル、早くも2017年シーズンを視野に »