« コリン・コレス氏、ハースF1の前途を憂慮 | トップページ | 『インフィニティ』、レッドブルとの関係終了 »

2015/12/07

マルドナド&パーマー、今後の展開に戦々恐々

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
かねて噂になっていた通り、ロータス・チームがフランスのルノーに買収され2016年シーズンからは再びルノー・ワークスチームとして参戦することが確定した。

しかしルノー社を率いるカルロス・ゴーン/CEOが「来年1月の経営会議までまだ体制は確立していない」と言及したことで、現ロータス・チームの陣営は戦々恐々としている。
これは運営メンバーやチームスタッフもそうだが、とりわけ危惧の念を抱いているのがすでに来季同チームのレースドライバーとして発表されていたパストール・マルドナド(30歳:ベネズエラ)とジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)の二人。

この契約も含めて売却の契約は行われたとされているものの、ゴーン氏がひっくり返すことは十分に考えられる。
フランス政府の資本が入るルノーのこと、フランス人ドライバーの起用の可能性も高まりそうだ。

|

« コリン・コレス氏、ハースF1の前途を憂慮 | トップページ | 『インフィニティ』、レッドブルとの関係終了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62823094

この記事へのトラックバック一覧です: マルドナド&パーマー、今後の展開に戦々恐々:

« コリン・コレス氏、ハースF1の前途を憂慮 | トップページ | 『インフィニティ』、レッドブルとの関係終了 »