« F・インディア首脳、「アストンマーティン間近」 | トップページ | FIA世界モータースポーツ評議会、 2016年Formula One用の新タイヤレギュレーションを承認 (ピレリ) »

2015/12/04

メルセデス首脳、「ドライバー過度の緊張は不利益」

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
チャンピオン獲得チームにはありがちなドライバー間の緊張について、連続タイトルを獲得したメルセデスAMGチームのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが懸念を示している。

「われわれはすべてのレースで二人のドライバーに最高の準備をしているつもりだが、それでもこの世界、最初にチェッカーフラッグを潜って栄光に良くするのはどちらか一人のドライバーに過ぎない。
そのためいつでもチャンピオン・チームにドライバー間の緊張は隠せないものだ。
ただ、行き過ぎたライバル心はこの競技ではマイナスでしかない。
毎レース後、どちらかのドライバーを慰めなければならないというのは、われわれにとってもフラストレーションが溜まるものだ」

ウォルフ氏が懸念する通り、王者ならではの悩みはいつの時代も同様だ。

|

« F・インディア首脳、「アストンマーティン間近」 | トップページ | FIA世界モータースポーツ評議会、 2016年Formula One用の新タイヤレギュレーションを承認 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62797591

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、「ドライバー過度の緊張は不利益」:

« F・インディア首脳、「アストンマーティン間近」 | トップページ | FIA世界モータースポーツ評議会、 2016年Formula One用の新タイヤレギュレーションを承認 (ピレリ) »