« S.バンドーン(マクラーレン)、S・フォーミュラ参戦も | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、来季は最大12日間のテスト予定 »

2015/12/10

フェラーリ、スパイ容疑社員との契約否定

Ferrari (C)Ferrari S.p.A
拡大します
アメリカの経済通信社『ブルームバーグ』が報じたメルセデスAMG・ハイパフォーマンス・パワートレイン社員であるエンジニアによるスパイ容疑について、移籍先として名前を挙げられたフェラーリ・チームが強く反発している。

イタリアのモータースポーツ・サイト『オムニ・コルセ』はフェラーリ・チーム関係者の話として、フェラーリが同社員と移籍の契約について打ち消し、そうした話し合いをした事実もないと全面否定していると伝えた。
またこれについてメルセデスAMG側は、この件で法的措置を採ったことは認めるものの、それ以上コメントしないとしている。

万一不正問題が大きな騒動になると、FIA(国際自動車連盟)も何らかの対応を取らざるを得なくなるとみられ、今後の展開が注目されている。

|

« S.バンドーン(マクラーレン)、S・フォーミュラ参戦も | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、来季は最大12日間のテスト予定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62842064

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、スパイ容疑社員との契約否定:

« S.バンドーン(マクラーレン)、S・フォーミュラ参戦も | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、来季は最大12日間のテスト予定 »