« ニコ・ロズベルグ、シューマッハ子息にエール | トップページ | 来季「ハースF1」はイエロー・カラーか »

2015/12/14

メルセデス、さらなるパワーアップ案に反旗

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1では大きく変更された現行パワーユニットに掛かるコスト増や偏った勢力図から、一時安価な「カスタマー・エンジン(インディペンデント・エンジン)」の導入を図るなどされたが、結局これはF1委員会にて否決。
その一方で今度は低下したF1のコンディション力を取り戻すためにタイヤや空力と並んでエンジンのパワーアップにレギュレーション改変の動きが出て来た。

しかしこれについて目下最強とされるメルセデス陣営のアンディ・カウエル/マネージング・ディレクターは否定的な考えを示している。
「どんな変更にせよ、今度また異なったエンジンを用意する、ということが一番お金を喰うことなんだ。
コストを抑えたいなら、レギュレーションをより長期に安定させればいい。
もしももっとパワーを、というのなら、さらにとてつもないお金が掛かるということを、FIA(国際自動車連盟)やFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の人間は良く理解したほうがいい」と、突き放している。

しかしまた、現行維持が現在の成功者であるメルセデスにとっても一番良い方法なのは明らかなことだと言える。

|

« ニコ・ロズベルグ、シューマッハ子息にエール | トップページ | 来季「ハースF1」はイエロー・カラーか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62866226

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、さらなるパワーアップ案に反旗:

« ニコ・ロズベルグ、シューマッハ子息にエール | トップページ | 来季「ハースF1」はイエロー・カラーか »