« 好評アメリカGP、しかし2016年の開催に暗雲も | トップページ | エクレストン氏、ニュルのF1復活に否定的見解 »

2015/12/19

FIA、ライブでのタイヤ空気圧監視を模索

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
走行性能に大きな影響を及ぼすとされるタイヤの空気圧についてはレギュレーションで厳しく数値が指定されているが、これをライブで監視できるようFIA(国際自動車連盟)が計画していることがわかった。

タイヤ空気圧については今年のイタリアGPの際、メルセデスAMGチームの2台が決められて数値よりも低かったことが判明、一時は不正行為ではないかと大きな問題になった経緯がある。

現在測定はタイヤがマシンに装着される直前に任意で行われているが、新たなシステムによれば常時全てのクルマの空気圧が監視できるようになるという。
FIAでは2016年シーズンから導入したいと対応を急いでいる。

|

« 好評アメリカGP、しかし2016年の開催に暗雲も | トップページ | エクレストン氏、ニュルのF1復活に否定的見解 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62896423

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、ライブでのタイヤ空気圧監視を模索:

« 好評アメリカGP、しかし2016年の開催に暗雲も | トップページ | エクレストン氏、ニュルのF1復活に否定的見解 »