« インドネシア人初のF1ドライバー実現に暗雲 | トップページ | イギリスのF1放映、BBCから「チャネル4」へ »

2015/12/23

「ルノーのF1復帰はゴーン/CEOの決断」と、プロスト氏

Alain Prost (C)Williams F1
拡大します
ついにワークス参戦としてのF1復帰を正式発表したルノーだが、先月の段階ではほとんどF1撤退寸前だったことが明らかにされた。
これは同じフランスのF1貢献者として同社のアンバサダーも務めたアラン・プロスト氏(60歳)が明かしたもの。

「問題は今季の大不振でレッドブルが声高にルノーを批判し始めたことだった。
シーズンを通してパワーアップ改良に尽力したが、それでも彼らを満足させることはできなかった。
その結果、最終戦アブダビGPの時点ではもうルノーはF1から撤退するというのがほぼ確定していたと言える。
そこからF1に復帰するという逆転劇は、ただカルロス・ゴーン(ルノー/CEO)だけが成し得た決断だったんだ」と、元4回のF1チャンピオン。

今後復帰したルノーのF1活動に何らかの形で参画するとみられるプロスト氏だが、それでも同チームがタイトル争いに関わるには「最低3年は掛かる」と慎重な構えを崩していない。

|

« インドネシア人初のF1ドライバー実現に暗雲 | トップページ | イギリスのF1放映、BBCから「チャネル4」へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62921224

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルノーのF1復帰はゴーン/CEOの決断」と、プロスト氏:

« インドネシア人初のF1ドライバー実現に暗雲 | トップページ | イギリスのF1放映、BBCから「チャネル4」へ »