« 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 | トップページ | 新規参戦ハースF1、準備の進捗状況に自信 »

2015/12/25

アストンマーティン、F1復帰話を否定

 Aston Martin Logo
レッドブル・レーシングのパートナーとして名前が挙げられた英国の名門スポーツカー『アストンマーティン』は、その後フォース・インディア・チームとの間で交渉が行われていると伝えられたが、このほどF1復帰の可能性を否定したことがわかった。

これは同社のアンディ・パーマー/CEOが自ら英国メディアに語ったもの。
それによればこの件についてアストンマーティン社内の役員会で検討されたものの、少なくとも2016年のF1参戦には時期尚早として見送られたとのこと。
「F1参戦がわれわれのブランドイメージのアップに結びつくとの関連性が見出せない」としている。

なお背景にはフォース・インディアが搭載するメルセデスがアストンマーティンの一部株主であることがある。
また、このパーマー/CEOは2014年9月までそのルノー傘下の日産で副社長を務めていた人物である。

|

« 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 | トップページ | 新規参戦ハースF1、準備の進捗状況に自信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62933730

この記事へのトラックバック一覧です: アストンマーティン、F1復帰話を否定:

« 「ライコネン大変身する」と、フェラーリ会長 | トップページ | 新規参戦ハースF1、準備の進捗状況に自信 »