« アブダビ合同テストタイム(12/01) | トップページ | チーム代表が選んだ今季ベストドライバーもハミルトン »

2015/12/03

走行距離6,020km以上、ラップ数1,084周以上に及ぶテストを実施 (ピレリ)

ストッフェル・ファンドーネ (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2015 アブダビ テスト
・新型ウルトラソフトの複数バージョンと スリックタイヤ(フロント&リア)の新型タイヤ構造をテスト
・マクラーレンのストッフェル・ファンドーネ、 12時間ノンストップテストでの最速タイムを記録
・次回:1月25-26日、ポール・リカールで、ウェットタイヤを主体にテスト

2015年12月1日、アブダビ
滑らかな路面のヤス・マリーナ・サーキットで行われたピレリ主催の12時間タイヤテストで、マクラーレンのストッフェル・ファンドーネがテスト最速タイムを記録しました。

予報通りの晴天の下、テストは日中を通してノンストップで実施されました。テスト開始時のコンディションは、気温24℃、路面温度35℃で、正午前後には気温28℃、路面温度40℃に達しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

各チームのテスト参加ドライバーは下記の通りです:

メルセデス
パスカル・ウェーレイン

フェラーリ
セバスチャン・ベッテル
キミ・ライコネン

ウィリアムズ
ヴァルテッリ・ボッタス

レッドブル
ダニエル・リカルド
ダニール・クビアト

フォース・インディア
アルフォンソ・セリス Jr
ニコ・ヒュルケンベルグ

ロータス
ジョリオン・パーマー

トロ・ロッソ
カルロス・サインツ
マックス・フェルスタッペン

ザウバー
アダリー・フォン
マーカス・エリクソン

マクラーレン
ストッフェル・ファンドーネ

マノー
リオ・ハリアント
ジョーダン・キング

セッション開始時、全ドライバーがベースタイヤとなる先週末のアブダビグランプリで選択されたP Zeroレッド・スーパーソフトとP Zeroイエロー・ソフトタイヤを使用して、セットアップランを行いました。

セッション開始から約1時間半後、プロトタイプタイヤ(新型ウルトラソフトコンパウンド、フロントとリア両方が新型タイヤ構造になったスリックタイヤ)を使用したテストがスタートしました。各チームは、新型ウルトラソフトコンパウンドの複数のバージョンをテストしました。この複数の候補の中から、最終的に一種類が選択されます。

ベースタイヤにはサイドウォールに通常のカラーマーキングが施されていましたが、プロトタイプタイヤにはマーキングが全くありませんでした。

テストはブラインドテストとして行われ、ドライバーおよびチームは、どのタイヤをテストしているのかを知らされていませんでした。タイヤテストに特化するために、各チームがテスト中に新型パーツを含めたパーツを交換することは認められませんでした。滑らかな路面、安定した気温、広範囲に渡るテクニカルコーナーなどにより、アブダビは、タイヤ動作の鍵となる要素をテストするサーキットして理想的と言えます。

現地時間午前9時に開始されたセッションは、昼休みもなく、午後9時頃まで行われ、一日のグループテストとしてはFormula One史上最長時間のものとなりました。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「来シーズンへ向けたタイヤテストを終え、これから詳細にデータを分析する必要がありますが、今日のテストの成果には満足しています。今年の開発目標のひとつであった2016年向け新型ウルトラソフトコンパウンドの複数のバージョンをテストしました。スーパーソフトよりも軟らかいコンパウンドであるウルトラソフト導入で、主に市街地サーキットでのアグレッシブな選択の提供を狙います。ウルトラソフトは、スーパーソフトの最新型よりも性能が優れ、デグラデーションが大きいことが特徴であり、各チームがレース戦略に対してより積極的なアプローチを採ることを可能にします。

結果的にピットストップ回数が増えるかどうか、戦略に違いが生じるかどうかについてコメントすることは時期尚早だと思います。これから開発拠点に戻り、収集したデータと各チームのテレメトリーデータを入念に分析します。ただ我々が正しい方向に向かっている感触は得ています。ウルトラソフトは、いくつかのレースでより多くの可能性を提供してくれると思います。

また、今回のテストでは、フロントとリアがともに新型のタイヤ構造となったタイヤも複数テストしました」

1

|

« アブダビ合同テストタイム(12/01) | トップページ | チーム代表が選んだ今季ベストドライバーもハミルトン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62793633

この記事へのトラックバック一覧です: 走行距離6,020km以上、ラップ数1,084周以上に及ぶテストを実施 (ピレリ):

« アブダビ合同テストタイム(12/01) | トップページ | チーム代表が選んだ今季ベストドライバーもハミルトン »