« レッドブル首脳、「ルノー、イルモアの関与抵抗」 | トップページ | グティエレス(ハース)、活躍次第で本家フェラーリ昇格も »

2015/12/27

2015年、F1は0.5秒スピードアップ

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年シーズンに行われたレギュレーション変更により、F1は大幅にスピードダウン。
ラップタイムも低下し、F1の迫力不足に憂慮する声が広がっていた。

しかしドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が集計したところによれば、2015年は2014年より公式予選タイムで0.5秒短縮になったとのことだ。
また一方、決勝レースにおいても平均0.35秒短縮されたという。

2015年は前年と比べわずかにフロントノーズの形状やリヤタイヤの構造が変更された程度でほぼ同じ条件。
いずれのチームにおいてもマシンの熟成とパワーユニットの改良が功を奏したものと受け止められている。

|

« レッドブル首脳、「ルノー、イルモアの関与抵抗」 | トップページ | グティエレス(ハース)、活躍次第で本家フェラーリ昇格も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62946122

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年、F1は0.5秒スピードアップ:

« レッドブル首脳、「ルノー、イルモアの関与抵抗」 | トップページ | グティエレス(ハース)、活躍次第で本家フェラーリ昇格も »