« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ブラジルGP5戦連続PP獲得 »

2015/11/15

予選Q2、地元マッサ(ウィリアムズ)辛くもクリア

予選Q2、まだノータイムだったグロージャン(ロータス)がアタック中にスピンしてコースオフ。
残り時間からもうタイヤ交換の時間はなく、そのまま続けるしかない様子。

Q2トップタイムは再びハミルトン(メルセデス)で1'11.665のベストタイム。
これに0.263秒差の2番手にベッテル(フェラーリ)がつけた。
3番手ロズベルグ(メルセデス)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、7番手クビアト(レッドブル)、8番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、9番手リカルド(レッドブル)、そして地元のマッサ(ウィリアムズ)が10番手でここまでがQ3進出となった。

ここで脱落となったのはナスル(ザウバー)、サインツ(トロ・ロッソ)、ペレス(フォース・インディア)、エリクソン(ザウバー)、そしてグロージャン(ロータス)の5台だった。

|

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ブラジルGP5戦連続PP獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62679211

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、地元マッサ(ウィリアムズ)辛くもクリア:

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、ブラジルGP5戦連続PP獲得 »