« メルセデスAMG勢、順位逆転は相手のミス待ち | トップページ | シンガポールGP侵入男に実刑の厳罰 »

2015/11/04

エリック・ブイユ代表、「レッドブルは自身の問題」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
ホンダ・エンジンのレッドブル・レーシングへの供給を巡りマクラーレン・チームが反対していると伝えられることについて、同チームのエリック・ブイユ代表は「この問題はレッドブル自身のこと」と、突き放した。

「いいかい、われわれはF1に莫大な資金と、多くの人間を費やして戦っているんだ。
これは真剣な戦いであって、決して慈善事業をやっている訳ではない。
レッドブルを救うために今季苦労しているんじゃないんだ。
メデイアでは『新井氏(ホンダF1プロジェクト総責任者)が供給にイエスでロン・デニス(マクラーレン/CEO)が反対』なんて言っているけれど、問題の本質はそこじゃないだろう。
レッドブルが勝手にルノーと袂を分かち、その結果搭載するエンジンがなくなったというのが真実じゃないのかい。
しかしそれはレッドブル自身が解決すべきものであって、責任はマクラーレンでもホンダでもない。
なんでわれわれが非難されるのか、意味がわからないよ」

しかし現実問題レッドブル・グループの2チームが来季の参戦断念に追い込まれれば、既存の他チームにも大きな影響があるのは必至だ。

|

« メルセデスAMG勢、順位逆転は相手のミス待ち | トップページ | シンガポールGP侵入男に実刑の厳罰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62610169

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・ブイユ代表、「レッドブルは自身の問題」:

« メルセデスAMG勢、順位逆転は相手のミス待ち | トップページ | シンガポールGP侵入男に実刑の厳罰 »