« 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 | トップページ | プライベートチーム、F1賞金支払いの前倒し要望 »

2015/11/25

代替エンジンに「メカクローム」も名乗り

 Mecachrome
当初想定されていたとみられるコスワース・エンジニアリングから辞退されてしまった代替「カスタマー・エンジン(インディペンデント・エンジン)」だが、今度は「メカクローム」が新たに名乗りを挙げたことがわかった。

大腿ンジンは、現在のレギュレーションになってエンジン関連のコスト増加に悩むプライベートチーム用のため、FIA(国際自動車連盟)が2017年シーズンから導入しようとしているもの。
すでにイルモアやAER(Advanced Engine Research)がサプライヤーに名乗りを挙げている。

メカクロームは元々ルノーから派生したエンジン・サプライヤーで、かつてF1にエンジンを供給した実績があるだけでなく現在もGP2やGP3へのエンジン・サプライヤーとなっていて、その実力や実績に自信をみせている。

|

« 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 | トップページ | プライベートチーム、F1賞金支払いの前倒し要望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62745870

この記事へのトラックバック一覧です: 代替エンジンに「メカクローム」も名乗り:

« 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 | トップページ | プライベートチーム、F1賞金支払いの前倒し要望 »