« メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)のトラブルはミスファイヤ »

2015/11/01

ピレリタイヤ、来季は「ウルトラソフト」投入も

Pirelli Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
すでに2019年シーズンまでの長期タイヤ供給が決まっているピレリタイヤでは、かねて指摘のあるF1のよりエキサイティングなシーン演出のため、改革案を考えているようだ。

例えば現在はそれぞれのグランプリで、予めピレリが指定した2種類のドライタイヤしか使うことができないが、これを3種類に拡大。
その中から各チームが自由に2種類を選択できるようにするというもの。
さらにピレリは、現在堅い方から順にハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフトと4種類に加え、さらに柔らかいウルトラソフトを加えた5種類にまで拡げる準備があるという。

決勝レース中にはそれぞれ選択した2種類のタイヤを両方使わなければならないという点は今年と同じ。
しかしタイヤ選択の自由度が増すとして、ピレリ陣営では各チームによるタイヤ戦略がレース展開の大きな要素になると自信をみせている。

|

« メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)のトラブルはミスファイヤ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62591485

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、来季は「ウルトラソフト」投入も:

« メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)のトラブルはミスファイヤ »