« ミディアムとソフト、シーズン中でラップが最短の部類に入る反時計回りのサーキットに登場 (ピレリ) | トップページ | レッドブル、リカルドに新スペックエンジン »

2015/11/11

アレクサンドル・ブルツ、現役引退表明

Alexander Wurz (C)a_wurz.com
拡大します
元ベネトンやウィリアムズ等のF1ドライバーであるアレクサンドル・ブルツ(41歳:オーストリア)が、今シーズン限りで現役からの引退を表明した。

1997年に当時のベネトン・チームからF1デビューを果たしたブルツはその後マクラーレンやウィリアムズで活躍。
F1では全69戦に出走し最高位は3位3回というもの。
その後はスポーツカー・ドライバーに転身し、2度のルマン24時間レース制覇を誇る。
2012年からはWEC(世界耐久選手権)のトヨタ・チームに加入、ベテランらしくチームを牽引してきた。

ブルツは自身のサイトにユニークなイラストを掲示。
「オーバーオールを着ていない僕をその辺で見かけることになるだろう」としている。
なお引退表明に際し、トヨタ・チームからも感謝のコメントが贈られた。

|

« ミディアムとソフト、シーズン中でラップが最短の部類に入る反時計回りのサーキットに登場 (ピレリ) | トップページ | レッドブル、リカルドに新スペックエンジン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62655299

この記事へのトラックバック一覧です: アレクサンドル・ブルツ、現役引退表明:

« ミディアムとソフト、シーズン中でラップが最短の部類に入る反時計回りのサーキットに登場 (ピレリ) | トップページ | レッドブル、リカルドに新スペックエンジン »