« 影響力失う? ニキ・ラウダ/メルセデスCEO | トップページ | ルノーのロータス買収、最終戦アブダビで発表との見方 »

2015/11/10

フェラーリ社長、「最新スペック供給は無理」

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ社長が取材に応じ、レッドブル・グループと2016年のエンジン供給についてトップ同士の話し合いがあったことを認めた。

「私がその件でディートリッヒ(マテシス/レッドブル・グループ・オーナー)やヘルムート(マルコ/レッドブル・グループ・アドバイザー)らと話し合ったのは事実だよ。
彼らの計画は壮大なもので、単にエンジン供給を希望というものではなかった。
彼らはわれわれのエンジンをベースとし、独自に自身による開発を加えていくというものだった。
われわれはそうした彼らのプログラムに協力することはやぶさかでないと説明した。
共に(独走する)メルセデス・エンジンを打倒するためにもね。
しかしそれは最新スペックのエンジンをいま彼らに与えるということではないよ。
その点で彼らは納得がいかなかったようだがね」

フェラーリ側が示した1年落ちスペックのエンジン供給案に対してレッドブル側は難色を示し、交渉は途絶えたままとみられる。

|

« 影響力失う? ニキ・ラウダ/メルセデスCEO | トップページ | ルノーのロータス買収、最終戦アブダビで発表との見方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62649084

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ社長、「最新スペック供給は無理」:

« 影響力失う? ニキ・ラウダ/メルセデスCEO | トップページ | ルノーのロータス買収、最終戦アブダビで発表との見方 »