« 2016年シーズン前テストはバルセロナで2回に | トップページ | ウィリアムズ、タイヤ問題の控訴取り下げ »

2015/11/20

ホンダ、来季に向け『外部の血』導入容認へ

Honda Sakura Factory (C)Honda Racing
拡大します
これまでマクラーレン・チーム側からの再三の要望にもかかわらず、独自の開発に固執してきたホンダF1プロジェクトだが、今季の大不振を受けとうとう『外部の血』の導入を容認する方針に変更したようだ。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が伝えたもので、ホンダはこれまで拒否してきたマクラーレン側のアドバイスを受け入れ、他国のエンジン・エキスパートを開発プログラムの一角に加えることを認めたという。

しかしそれでもホンダの関係者は「エンジン開発の中枢であるさくら(ホンダF1エンジンの国内開発拠点)は日本人技術者が務める」と、プライドを捨てていない模様だ。

|

« 2016年シーズン前テストはバルセロナで2回に | トップページ | ウィリアムズ、タイヤ問題の控訴取り下げ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62714462

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、来季に向け『外部の血』導入容認へ:

« 2016年シーズン前テストはバルセロナで2回に | トップページ | ウィリアムズ、タイヤ問題の控訴取り下げ »