« メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 | トップページ | メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 »

2015/11/01

メキシコGP予選Q2、ライコネンに再びトラブル

引き続きメキシコGP公式予選は15分間のQ2セッションが行われた。
トップタイムはハミルトン(メルセデス)で1'19.829のベストタイム。
2番手ベッテル(フェラーリ)で1'20.829、3番手ロズベルグ(メルセデス)、4番手ボタス(ウィリアムズ)、5番手クビアト(レッドブル)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、10番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)でここまでがQ3進出。

途中ブレーキトラブルか突然スピンしたライコネン(フェラーリ)はマシンを降りて予選を終えた。
トラブルが続くライコネン、決勝レースまでに修復がなるのか気掛かりだ。
ここで脱落となったのはサインツ(トロ・ロッソ)、グロージャン(ロータス)、マルドナド(ロータス)、エリクソン(ザウバー)、そしてライコネンの5台。

|

« メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 | トップページ | メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62590326

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコGP予選Q2、ライコネンに再びトラブル:

« メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 | トップページ | メキシコGP公式予選、ロズベルグ20回目ポール獲得 »