« ハミルトン、憧れの『セナ仕様ヘルメット』 | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル »

2015/11/15

ブラジルGPフリー走行3回目、メルセデスAMG勢が席巻

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
14日(土)午前、ブラジルGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
天候は晴れでドライコンディション、路面温度は40度を超えている。
前日エンジントラブルに見舞われたマクラーレンのアロンソはアメリカGPで一度使ったエンジンに交換してこの日の走行に臨んでいる。

60分間の走行を終え、結局ここでもメルセデスAMG勢が1-2タイムを記録して席巻した。
トップはハミルトン(メルセデス)で1'12.070。
2番手0.123秒差で僚友ロズベルグ(メルセデス)。
3-4番手にフェラーリのベッテル&ライコネン、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、7番手グロージャン(ロータス)、8番手ペレス(フォース・インディア)、9番手マルドナド(ロータス)、10番手がフェルスタッペン(トロ・ロッソ)となった。

地元の声援を受けるマッサ(ウィリアムズ)は12番手、同じくナスル(ザウバー)は17番手。
マクラーレン勢はアロンソが14番手、バトンは18番手に留まった。
ブラジルGPはこの後注目の公式予選が行われる。

ブラジルGPフリー走行3回目の結果はこちら
ブラジルGPの画像はこちら

|

« ハミルトン、憧れの『セナ仕様ヘルメット』 | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62679360

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルGPフリー走行3回目、メルセデスAMG勢が席巻:

« ハミルトン、憧れの『セナ仕様ヘルメット』 | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)またトラブル »