« 2017年代替エンジン案がF1委員会で否決 | トップページ | RML(イギリス)、代替エンジンに応募の姿勢 »

2015/11/26

小松礼雄氏(ロータス)、ハースF1に移籍

小松礼雄エンジニア (C)Lotus F1 Team
拡大します
ロータス・チームでチーフ・エンジニアを務めていた日本の小松礼雄(こまつあやお)さんが、来シーズンF1新規参戦となるハースF1チームに移籍することがわかった。

これは『F1i』らフランス・メディアが報じたものだが、新天地での具体的なポジションがどういうものになるかは不明。
ただロータス・チーム時代に担当だったロマン・グロージャンがやはり来季ハースF1に移籍することから、その関連で引き抜かれた可能性も考えられる。

日本の普通科高校を卒業した小松氏は英国に渡って英語をマスターしてからラフバラ大学に入学・自動車工学を専攻後、当時のB.A.R・ホンダ・チームでF1キャリアをスタート。
ロータス・チームでは担当エンジニアとしてヴィタリー・ペトロフやグロージャンの表彰台獲得に寄与、今シーズンはレース全体をコントロールするチーフ・エンジニアに昇格していた。

|

« 2017年代替エンジン案がF1委員会で否決 | トップページ | RML(イギリス)、代替エンジンに応募の姿勢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62752168

この記事へのトラックバック一覧です: 小松礼雄氏(ロータス)、ハースF1に移籍:

« 2017年代替エンジン案がF1委員会で否決 | トップページ | RML(イギリス)、代替エンジンに応募の姿勢 »