« ハミルトン(メルセデス)、「チームはロズベルグ優先」 | トップページ | ルノー、本格ワークス参戦は2017年に延期か »

2015/11/07

C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
事態がこじれたままのルノーとレッドブル・グループのエンジン供給問題だったが、ルノーの総帥であるカルロス・ゴーン/CEO(最高経営責任者)が2016年シーズンについて供給を承認したと伝えられた。

これはルノーの地元フランスの専門紙『オート・エブド』が報じたもの。
それによればルノーは来季用スペックのF1パワーユニットをレッドブル・グループに売却。
レッドブル・グループではこれを自らの手で改良し、独自のものとして使用するというもの。
そのための開発にはイルモア・エンジニアリングのエキスパートであるマリオ・イリエン氏やレッドブル・グループの地元であるオーストリアの専門メーカーである『AVL社』らの名前が浮上しているとのことだ。

記事によれば両者が今週中に調印したうえでブラジルGP前には正式発表されるとしている。

|

« ハミルトン(メルセデス)、「チームはロズベルグ優先」 | トップページ | ルノー、本格ワークス参戦は2017年に延期か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62628931

この記事へのトラックバック一覧です: C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報:

« ハミルトン(メルセデス)、「チームはロズベルグ優先」 | トップページ | ルノー、本格ワークス参戦は2017年に延期か »