« 表彰台を分けたのはリスタート経験の差 | トップページ | エリック・ブイユ代表、「レッドブルは自身の問題」 »

2015/11/03

メルセデスAMG勢、順位逆転は相手のミス待ち

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
結果だけみればフロントロウからスタートしたメルセデスAMG勢が終始レースをコントロールして1-2フィニッシュという危なげのない今季17戦中の14勝目という最高のリザルトになったが、当のドライバーにとっては1位でフィニッシュするか2位でのフィニッシュになるかは大違い。
しかしほぼ同じレース戦略を採る同チームにおいてはレース中の逆転は相当困難なことのようだ。

首位のロズベルグを終始数秒差で追い続けたハミルトンは、「近づくとダウンフォースが失われるので容易にオーバーテイクするまで近寄れなかった」と、その背景を説明した。
さらに今回のロドリゲス・サーキットは高い路面温度(スタート時すでに56度)もあり、ブレーキの冷却にも気を遣わなければならない状況。
オーバーテイクのチャンスだったリスタートもロズベルグが無難に制し、タイヤの選択や交換時期も同じだったことから、チャンスは相手のドライビングミスに絞られたが、ロズベルグがコースオフした直後にハミルトンも同様にコースから外れる、というハミルトンにとっては残念な結果に終わった。

ただ今季これまでロズベルグの4勝に対しハミルトンは10勝と圧倒している。

|

« 表彰台を分けたのはリスタート経験の差 | トップページ | エリック・ブイユ代表、「レッドブルは自身の問題」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62603910

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG勢、順位逆転は相手のミス待ち:

« 表彰台を分けたのはリスタート経験の差 | トップページ | エリック・ブイユ代表、「レッドブルは自身の問題」 »