« マイク・ガスコイン氏、ルノーでF1復帰の噂 | トップページ | 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 »

2015/11/24

AER、F1代替エンジンへの対応に自信

 AER logo
FIA(国際自動車連盟)が2017年シーズンからの導入を主導するいわゆる代替「カスタマー・エンジン(インディペンデント・エンジン)」について、期待されたコスワース・エンジニアリングが参入を辞退した一方で、名乗りを挙げたAER(Advanced Engine Research)が対応に自信をみせている。

これについて同社の共同オーナーでマネージング・ディレクターも務めるマイク・ランカスター氏は、「われわれはこれまで特定の1.6リッター・レーシング・エンジンを長きに渡って開発してきた。
限られた燃料で、より多くの出力を得ることを追求してきたのだ。
だから今回FIAが示したF1エンジンのアイデアは、われわれが得意とする分野に合致するもの」と、語っている。

イギリスに本拠を置くAERは、現在WEC(世界耐久選手権)にツインターボV6エンジンを供給している。

|

« マイク・ガスコイン氏、ルノーでF1復帰の噂 | トップページ | 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62740193

この記事へのトラックバック一覧です: AER、F1代替エンジンへの対応に自信:

« マイク・ガスコイン氏、ルノーでF1復帰の噂 | トップページ | 今年のアブダビ合同テストは一日で非公開 »