« 『イルモア』、2017年代替エンジンに名乗り | トップページ | リカルド(レッドブル)、「エンジン問題この週末に動き」 »

2015/11/21

A.ブルツ、マノー・マルシアからの勧誘辞退

Alexander Wurz (C)Williams F1
拡大します
先に現役引退を表明したばかりのアレクサンドル・ブルツ(41歳:オーストリア)にさっそくマノー・マルシア・チームから重要なポジション(チーム代表か)として勧誘があったものの、英『BBCスポーツ』によればブルツ氏はこれを辞退したとのことだ。

来季はチーム体制を一新、搭載エンジンを目下最強とされるメルセデス製のパワーユニットに変更する他、ジョン・ブース代表やグレーム・ロードン/スポーティング・ディレクターらの交代も決まっているマノー・マルシアだが、新体制についてはまだ明確でない。
ブルツはチームからコンタクトがあったことは認めたものの、「正式な交渉ではなかったし、受け入れるつもりもない」と、新たな転身の可能性を否定した。

元ベネトンやウィリアムズ、マクラーレン等のF1ドライバーだったブルツは、その後2度ルマン24時間レースを制覇するなどスポーツカー・ドライバーとしても大成功。
現役最後のレースとして、今週末トヨタ・チームからWEC(世界耐久選手権)バーレーン戦を戦っている。

|

« 『イルモア』、2017年代替エンジンに名乗り | トップページ | リカルド(レッドブル)、「エンジン問題この週末に動き」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62720521

この記事へのトラックバック一覧です: A.ブルツ、マノー・マルシアからの勧誘辞退:

« 『イルモア』、2017年代替エンジンに名乗り | トップページ | リカルド(レッドブル)、「エンジン問題この週末に動き」 »