« 大阪・御堂筋をF1カーが疾駆 | トップページ | 「今年一番のレース」 (ホンダ) »

2015/11/30

メルセデスのニコ・ロズベルグ、3戦連続のポール・トゥ・ウィン (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2015 アブダビグランプリ 決勝
・2ストップが主流となり、多彩な戦略が展開
・フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 独自の戦略で15番グリッドスタートから4位を獲得

2015年11月29日、アブダビ
メルセデスのニコ・ロズベルグが、ポール・トゥ・ウィンでアブダビグランプリを制し、3戦連続優勝を達成しました。ロズベルグは、アブダビの決勝で主流となった2ストップ戦略を採り、スーパーソフト - ソフト - ソフトによるスティントを走行しました。ハミルトンはロズベルグと同じ戦略を採りましたが、第2スティントの走行距離が長くなりました。

メルセデスの両ドライバーは、フェラーリによる脅威を受けました。3番グリッドからスタートしたキミ・ライコネンが3位を獲得し、独自の戦略を採ったセバスチャン・ベッテルが15番グリッドスタートから4位でフィニッシュしました。ベッテルは、スタートからの2スティントをソフトで走行し、スーパーソフトを使用していたドライバーたちがストップを行う中でトラックポジションをゲインしました。その後、路面温度が下降し、照明が明るさを増したレース終盤、ベッテルはスーパーソフトによる16周の最終スティントを走行しました。ロータスのロマン・グロージャンもソフトタイヤでスタートし、ポイント圏内でフィニッシュしました。

トップ10ドライバー全員が2ストップ戦略を使用しました。摩耗とデグラデーションは想定通りで、チームメイトを追い上げていたルイス・ハミルトンが、チームラジオで2回目のピットストップが必要かどうかを確認したほどでした。ハミルトンは、ソフトタイヤによる30周の第2スティントを走行後、ピットストップを行いました。

ワンツーフィニッシュを達成したメルセデスは、Formula Oneシーズン獲得ポイントで史上トップとなり、輝かしいチームの歴史に新たな記録を加えました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「今年も戦術的となったアブダビの決勝で、特にニコ・ロズベルグが戦略を完璧に支配していました。今シーズン、Formula One史上トップとなるポイントを獲得したメルセデスを祝福したいと思います。タイヤの摩耗とデグラデーションはコントロール内であり、アブダビに持ち込んだ、レンジ中で最も軟らかい組み合わせは、終始見応えのある闘いを可能にしました。さて、わずか48時間後、我々の2016年シーズンがスタートします。火曜日に行われる12時間テストで、新型ウルトラソフトや2016年用新型タイヤ構造をテストします」

1_2

Truth-O-Meter:
我々は、55周のアブダビグランプリで2ストップ戦略が主流かつ最速と予測しました。我々の予測した戦略は、スーパーソフトでスタート、10周でソフトへ、31周でソフトへ交換するというものでした。ロズベルグは我々の予測通りの2ストップ戦略を採り、ピットストップのタイミングも予測通りでした。

2

|

« 大阪・御堂筋をF1カーが疾駆 | トップページ | 「今年一番のレース」 (ホンダ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62779546

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのニコ・ロズベルグ、3戦連続のポール・トゥ・ウィン (ピレリ):

« 大阪・御堂筋をF1カーが疾駆 | トップページ | 「今年一番のレース」 (ホンダ) »