« ハースF1、もう一人のドライバーはグティエレスに | トップページ | メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 »

2015/11/01

フリー走行3回目、ライコネンにマシントラブル

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
31日(土)午前(日本時間:深夜)、メキシコGPのフリー走行3回目セッションが行われた。

トップタイムを記録したのはここでもメルセデスAMGチームのロズベルグでベストタイム1'21.083。
2番手もチームメイトのハミルトン(メルセデス)でこちらは1'21.097だった。
以下、3番手リカルド(レッドブル)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手クビアト(レッドブル)、6番手ペレス(フォース・インディア)、7番手ボタス(ウィリアムズ)、8番手サインツ(トロ・ロッソ)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、そして10番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)というトップ10になった。

マクラーレン・ホンダはアロンソ15番手、マシントラブルに見舞われたバトンのほうは4周だけで最下位の20番手だった。
フェラーリのライコネンも途中マシンから煙を上げてストップ、エクゾースト系のトラブルとみられるが、午後の公式予選までに修復がなるか心配される。

メキシコGPの画像はこちら

|

« ハースF1、もう一人のドライバーはグティエレスに | トップページ | メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62590441

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目、ライコネンにマシントラブル:

« ハースF1、もう一人のドライバーはグティエレスに | トップページ | メキシコGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢脱落 »