« マクラーレン、『タグホイヤー』との関係終了 | トップページ | ホンダ、「レッドブルへの供給は時間切れ」 »

2015/11/19

2017年の代替エンジンは『2.5リッター』に拡大か

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現行F1パワーユニットのコスト制限計画がフェラーリによって拒否されたFIAは、今度はそれに代わる安価なクライアント向けの代替「カスタマー・エンジン(インディペンデント・エンジン)」を導入する考えを示している。

それによれば代替エンジンは既存の1.6リッターに対し2.5リッターまで拡大。
一つないし二つのターボチャージャーによって870馬力以上の出力を見込むとされている。
その他にも代替エンジンはエクゾーストや回転数、燃料供給などいくつかの制限を緩和させることを考えているという。

具体的にはコスワースやイルモアなどの独立系エンジン・マニュファクチャラーを想定しているとこられるが、こうした動きにメルセデスやフェラーリなどは「F1がスポーツとして成立しない」と強く反発しているということだ。

|

« マクラーレン、『タグホイヤー』との関係終了 | トップページ | ホンダ、「レッドブルへの供給は時間切れ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62705882

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年の代替エンジンは『2.5リッター』に拡大か:

« マクラーレン、『タグホイヤー』との関係終了 | トップページ | ホンダ、「レッドブルへの供給は時間切れ」 »