« C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報 | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「F1、スポーツ精神欠ける」 »

2015/11/07

ルノー、本格ワークス参戦は2017年に延期か

Renault F1 Engine (C)Renault F1 UK
拡大します
2016年シーズンについて、ルノー・エンジンが引き続きレッドブル・グループに供給される見通しになった一方で、ロータス・チームを買収してのルノー自身によるワークス参戦計画もまた変化が生じるようだ。

同じくフランスの専門誌『オートエブド』によれば、ルノーはロータス・チームについて現在のレッドブルのようなエンジン供給に留め、参戦形態自体はロータスに委ねる可能性があるというもの。
その場合、ルノーとしてのワークス参戦は2017年シーズンまで1年遅らせることになる。
これには、万一2016年もルノー製パワーユニットに戦闘力がなかった場合に名門ルノーの看板を再び傷つけることがないよう、プライドの高いカルロス・ゴーン/CEOらしい配慮が働いたものと理解される。

それを考えると、別途レッドブル・グループへの供給も直接のものではなくユーザー(レッドブル)に手を加えることを許したことも納得がいく。
今後は2016年レッドブル・グループのエンジンに『ルノー』のバッジが付くのか、注目される。

|

« C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報 | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「F1、スポーツ精神欠ける」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62629227

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー、本格ワークス参戦は2017年に延期か:

« C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報 | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「F1、スポーツ精神欠ける」 »