« メキシコGPはロズベルグがポールTOウィン | トップページ | クラッシュのベッテル(フェラーリ)、「僕のミス」 »

2015/11/02

アロンソ(マクラーレン)、1周タイヤは「儀式」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
パワーユニット本体を始め、多くの関連コンポーネンツを交換、実にグリッド25番降格という大きなペナルティを覚悟で臨んだメキシコGP決勝レースだったが、マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソはいきなりオープニングラップでレースを終えた。

これについてアロンソは「レース前からトラブルはわかっていた」と、その背景を明らかにした。
「昨日のうちにエンジンに問題があることがわかり、それが今朝には特定されたんだ。
MGU-Hがちゃんと機能していないことがね。
でももうレースまでに交換する時間がなかったので、リタイヤを覚悟でグリッドに着くしかなかったんだ。
おそらく1周しかできないことは覚悟でね。
これは熱心に駆け付けてくれたメキシコのファンへの敬意だよ」と、語る。

MGU-HはMGU(Motor Generator Unit:電動機/発電ユニット)の熱エネルギー回生システムを指す。

なお無粋なことを付け加えるならば、決勝レースに出走しなかった場合とたとえ1周でも実際に走ってリタイヤした場合とではFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)からの賞金に大きな差がある。

|

« メキシコGPはロズベルグがポールTOウィン | トップページ | クラッシュのベッテル(フェラーリ)、「僕のミス」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62598142

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、1周タイヤは「儀式」:

« メキシコGPはロズベルグがポールTOウィン | トップページ | クラッシュのベッテル(フェラーリ)、「僕のミス」 »