« ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 | トップページ | 2014年同様、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが アメリカグランプリに登場 (ピレリ) »

2015/10/22

マノー・マルシア、あらためてフェラーリに謝意

Graeme Lowdon (C)Manor F1 Team
拡大します
2014年から今季までフェラーリ・エンジンを搭載して戦ったマノー・マルシアF1チーム(旧マルシア)だが、来季からは最強メルセデス製のパワーユニットに変更することがすでに決まっている。
これについて同チームでスポーティング・ディレクターを務めるグレーム・ロードン氏は、次のように跳ね馬チームに感謝の意を明らかにした。

「われわれがコスワース・エンジンを失ったとき、チームはまさに存続の危機に直面していた。
しかしその時救いの手を差し伸べてくれたのがフェラーリ・チームだった。
もちろんそれは1年落ちになるものだったが、あの時あの行為がなければわれわれのチームは消滅していただろうからね。
加えて翌年にはさらにバージョンアップしたものを用意してくれたんだ。
種々の事情から今回彼らと離れることになるが、ほんとうにいくら感謝してもしきれないほどだよ」

しかしそのフェラーリはいま、より戦闘力のあるレッドブル・レーシングへのエンジン供給は拒否している。

|

« ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 | トップページ | 2014年同様、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが アメリカグランプリに登場 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62525863

この記事へのトラックバック一覧です: マノー・マルシア、あらためてフェラーリに謝意:

« ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 | トップページ | 2014年同様、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトが アメリカグランプリに登場 (ピレリ) »