« メルセデスAMG、コンストラクターズ・タイトル獲得 | トップページ | 2016年のエンジン規約変更に向け緊急会議 »

2015/10/13

フェラーリ、レッドブルへのエンジン供給拒絶

C.Horner & B.Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
メルセデス・エンジンの供給を断られたレッドブル・グループの2チーム(レッドブル・レーシング&トロ・ロッソ)が打診していたとされるフェラーリ・エンジン供給だが、最新仕様はもちろん、1年落ちのエンジン供給も断られたと伝えられた。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもの。
それによればフェラーリはこれまでトロ・ロッソに対して伝えられていたような1年落ちのものも供給しないと断ったということだ。

これによりレッドブル・グループのF1撤退という噂が急速に現実味を増していて、F1の商業部門を束ねるバーニー・エクレストン氏の心を悩ませている。
そうした上で、同氏は「F1にはかつてのコスワース・エンジンのような第3極が必要だった」と繰り言を繰り返した。

しかし同氏はイギリスの『スカイ・スポーツ』に「選択肢はまだある」と、「秘策の存在」を示唆していて、それが噂になっている「1チーム3台案」であるのか、あるいは一転「ルノー・エンジン搭載」となるのか等は定かでない。

|

« メルセデスAMG、コンストラクターズ・タイトル獲得 | トップページ | 2016年のエンジン規約変更に向け緊急会議 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62465079

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、レッドブルへのエンジン供給拒絶:

« メルセデスAMG、コンストラクターズ・タイトル獲得 | トップページ | 2016年のエンジン規約変更に向け緊急会議 »