« マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 | トップページ | グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 »

2015/10/06

パスカル・ウェーレイン、実戦デビューに自信

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
現在メルセデスAMGチームでリザーブ&テストドライバーを務めるパスカル・ウェーレイン(20歳:ドイツ)が、実戦デビューに自信をみせている。

これは、これまで2年間フェラーリ・エンジンを搭載して戦ってきたマノー・マルシア・チームが来季メルセデス・エンジンへスイッチすることが確定したからだ。
これにより来季マノー・マルシアからのウェーレインF1デビューの可能性が急速に高まっているもの。

「僕の去就についてはトト・ウォルフ(エクゼクティブ・ディレクター)が判断することになると思う。
彼からは、今はDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)のタイトルをしっかり獲得するように言われている。
来年のことはその上で、とね。
でも僕自身はもういつでもF1で戦える準備ができているんだ」

ウェーレインは現在DTMで2位に37ポイント差をつける165ポイントでチャンピオンシップをリードしている。
なお過去DTMチャンピオンのF1ドライバーにはベルント・シュナイダーやゲイリー・パフェット、ポール・ディ・レスタらがいる。

|

« マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 | トップページ | グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62419444

この記事へのトラックバック一覧です: パスカル・ウェーレイン、実戦デビューに自信:

« マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 | トップページ | グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 »