« アロンソ(マクラーレン)、改善強調も「0.1秒だけ」 | トップページ | FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す »

2015/10/27

アロンソ(マクラーレン)のトラブルは燃料系

新井康久(ホンダ)(C)Honda Racing
拡大します
一時は中堅グループを走り、バトンとのW入賞も期待されたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソだったが、最後はマシントラブルによりペースが上がらず入賞圏外まで落ちてレースを終えた。
これについてホンダの新井康久/F1プロジェクト総責任者は、燃料系のトラブルが原因だったことを明らかにしている。

同氏は「他チームと違って去年に比べわれわれ(マクラーレン・ホンダ)はマシンが一変しているので今回のようなデータのないままでのレースは厳しいものだった。
しかし難しいコンディションにもかかわらず、2台はいずれもまずまずのペースで良いポジションを走っていた。
しかしバトンは終盤タイヤに苦しみ、アロンソのほうはトラブルでペースが落ちてしまった。
データによれば、アロンソのエンジンにはインジェクター(燃料噴射部分)に不具合が見つかっている」と、説明した。

期待された新バージョンだったが、そのポテンシャル手の証明は次戦メキシコGPに持ち越された。

|

« アロンソ(マクラーレン)、改善強調も「0.1秒だけ」 | トップページ | FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62558466

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)のトラブルは燃料系:

« アロンソ(マクラーレン)、改善強調も「0.1秒だけ」 | トップページ | FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す »