« ピレリ、2017年以降もF1タイヤサプライヤーに | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、コース外走行でペナルティ »

2015/10/12

ライコネン(フェラーリ)、事故の責任問われ降格に

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ロシアGPのレーススチュワード(競技委員)は、決勝レース最終周に起きたライコネン(フェラーリ)とボタス(ウィリアムズ)との接触事故について審議、事故は無理なオーバーテイクを試みたライコネンの側にあるとして「10秒のストップ&ゴーペナルティ」を科した。

しかしすでにレースが終了しているため、ペナルティを「30秒レース結果に加算するペナルティ」に変更。
この結果、5位でフィニッシュしたライコネンは8位まで後退、獲得ポイントも10点から4点に減じられた。

これにより6位クビアト(レッドブル)、7位ナスル(ザウバー)、8位マルドナド(ロータス)の3人はそれぞれ一つずつ順位を上げることになる。
さらにライコネンにはさらに3点のペナルティ・ポイントも科せられた。

|

« ピレリ、2017年以降もF1タイヤサプライヤーに | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、コース外走行でペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62458142

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、事故の責任問われ降格に:

« ピレリ、2017年以降もF1タイヤサプライヤーに | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、コース外走行でペナルティ »