« ハミルトン、米GP制し3度目タイトル獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)、「入賞は戦略の成果」 »

2015/10/26

ヒュルケンバーグの事故はお咎めなしに

Nico Hulkenberg (C)Sahara Force India F1
拡大します
アメリカGP決勝レース終盤、12コーナーの進入でリカルド(レッドブル)をインからオーバーテイクしようとしたフォース・インディアのニコ・ヒュルケンバーグがリカルドを押し出すように接触したアクシデントについて、これを審議対象とした同グランプリのレーススチュワード(競技委員)はお咎めなしとした。

それによれば、事故当時のビデオを検証した結果、ヒュルケンバーグのマシンのフロントウィングがコーナー以前から損傷していたことが確認されたもの。
そのためドライバーは十分な減速ができなかったと判定された。

一時首位グループを走るなどスピードをみせていたリカルドは、このアクシデントのせいもあり10位フィニッシュするのがやっとのレース結果に甘んじている。

|

« ハミルトン、米GP制し3度目タイトル獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)、「入賞は戦略の成果」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62552740

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュルケンバーグの事故はお咎めなしに:

« ハミルトン、米GP制し3度目タイトル獲得 | トップページ | バトン(マクラーレン)、「入賞は戦略の成果」 »