« FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「3度目戴冠は始まり」 »

2015/10/28

ホンダ、バトンへの改良エンジン搭載に遅れも

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
今季からマクラーレン・チームにエンジンを供給するホンダは、フェーズ4と呼ばれる改良版のエンジンをまずアロンソのマシンに搭載、いったんロシアGPのフリー走行で試したあと今回のアメリカGPで期待を込めて実戦投入した。
悪コンディションによる混乱もあり、アロンソは一時6位を走るなどそのポテンシャルをみせたかに思えたが、終盤トラブルに見舞われて急激に失速することとなった。

ホンダによればインジェクターなど燃料系にトラブルがあったということで、マッピングを変更してなんとか完走にこぎ着けたが、11位とW入賞を逸する結果になっている。

これについて同チームのエリック・ブイユ代表は、「新しいエンジンにより、確かに前進は図られたと思うがそれは1ラップで1秒というレベルではない。
それよりトラブルの原因を早急に突き止めなければ、バトンへの搭載も遅らせざるを得ない」と、檄を飛ばした。

|

« FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「3度目戴冠は始まり」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62563523

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、バトンへの改良エンジン搭載に遅れも:

« FIA、2017に安価な標準エンジン構想示す | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「3度目戴冠は始まり」 »