« フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、やっと運転免許を手に | トップページ | マクラーレン、バトンの来季残留を正式発表 »

2015/10/01

ブリヂストン、国内トップフォーミュラからも撤退

Bridgestone Greentyre (C)Bridgestone Motorsports
拡大します
かつてF1の独占タイヤサプライヤーとして世界にその名を轟かせながら2010年に撤退した日本のトップルーカーであるブリヂストンタイヤが、今度は国内トップフォーミュラであるスーパー・フォーミュラ・シリーズからも撤退することを表明して話題を呼んでいる。
同社はまた二輪ロードレースの最高峰モトGPからの撤退も表明している。

ブリヂストンは、1973年に国内フォーミュラカーの最高峰としてスタートした旧「全日本F2000選手権」時代からタイヤを供給、その後「全日本F2選手権」、「全日本F3000選手権」、「フォーミュラ・ニッポン」と変遷を遂げても、40年以上の長きに渡ってタイヤを供給してきた。
なおスーパー・フォーミュラについてはヨコハマタイヤがタイヤ供給を引き継ぐものとみられている。

関連ニュースはこちらで。

|

« フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、やっと運転免許を手に | トップページ | マクラーレン、バトンの来季残留を正式発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62387409

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン、国内トップフォーミュラからも撤退:

« フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、やっと運転免許を手に | トップページ | マクラーレン、バトンの来季残留を正式発表 »