« ピレリ、シーズン最終戦までのタイヤ選択を発表 | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、ルノーとの関係悪化懸念 »

2015/10/15

財政難ロータス襲う「グロージャン危機」

R.Grosjean & A.Komatsu (C)Lotus F1 Team
拡大します
F1は次戦アメリカ大陸にその舞台を移し、今年4回目となるアメリカGP(ユナイテッドステーツGP)が行われる。
とりわけ来年からはアメリカを本拠とするチームであるハースF1が新規参戦するということで、すでにそのドライバーの一人に決まっているロマン・グロージャンにとっても晴れの舞台になる筈だ。

ところが先に行われたロシアGP決勝レースでグロージャンは大クラッシュ、マシンを大破させてしまった。
これはこれまでも参加自体が危ぶまれるほどの深刻な資金難に見舞われていたチームにとって大問題になるのが必至。

この時の状況をグロージャンは、「事故の原因はいまだによくわからない。
ただまるでビルの10階から飛び降りたような衝撃だったよ。
実際に飛び降りたことはないけどね。
F1の素晴らしい安全性により、こうしてアザ程度で無事にいられることに感謝するよ。
ただ短い期間で修復するだけのパーツがファクトリーにあるのか心配しているんだ」と、心細いコメントで説明した。

|

« ピレリ、シーズン最終戦までのタイヤ選択を発表 | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、ルノーとの関係悪化懸念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62472026

この記事へのトラックバック一覧です: 財政難ロータス襲う「グロージャン危機」:

« ピレリ、シーズン最終戦までのタイヤ選択を発表 | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、ルノーとの関係悪化懸念 »