« マグヌッセン、「マクラーレン離脱やむなし」 | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、「失した順位は帰って来ない」 »

2015/10/19

揺れるウェーレイン、「ベストな選択は難しい」

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)にメルセデスのワークスチームから参戦、みごと2015年のシリーズ・チャンピオンに輝いたパスカル・ウェーレイン(20歳:ドイツ)だが、判断を迫られる2016年シーズンの去就について揺れる二十歳の心の内を垣間見せた。

元F1ドライバー等のベラランがしのぎを削るDTMで、19歳の昨年は史上最年少優勝、そして20歳になった今季は史上最年少でのタイトル獲得など、その素質に周囲から大きな注目が集まっているウェーレイン。
一部には来季メルセデス・エンジンにスイッチが決まっているマノー・マルシアからのF1デビューが噂されるが、必ずしも本人はこれを歓迎していないようだ。

「もちろんF1で走りたいという気持ちは強く持っているよ。
でも、それはどんなチームでも、という訳じゃない。
あるいは将来を考えたらここでもう1年DTMで走るというのも有力な選択肢かも知れない。
ベストな選択は難しいね。
いま、トト・ウォルフ(メルセデス・モータースポーツ/エクゼクティブ・ディレクター)とベストな道を探っているところなんだ」と、地元ドイツの『DPA』(Deutsche Presse-Agentur)通信に打ち明けている。

|

« マグヌッセン、「マクラーレン離脱やむなし」 | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、「失した順位は帰って来ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62505906

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れるウェーレイン、「ベストな選択は難しい」:

« マグヌッセン、「マクラーレン離脱やむなし」 | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、「失した順位は帰って来ない」 »