« ウェットのアメリカGP予選Q1、サインツがクラッシュ | トップページ | 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP »

2015/10/25

アメリカGP予選Q2、マクラーレン&ロータス脱落

引き続きウェットコンディションでの予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が1'56.82のトップタイム。
これに僚友ハミルトンが0.105秒差で2番手となった。
3-4番手にリカルド&クビアトのレッドブル勢、5番手ベッテル(フェラーリ)、6-7番手ペレス&ヒュルケンバーグのフォース・インディア勢、8番手ライコネン(フェラーリ)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)までがQ3進出。

脱落となったのはアロンソ(マクラーレン)、ボタス(ウィリアムズ)、グロージャン(ロータス)、バトン(マクラーレン)、マルドナド(ロータス)の5台。
マクラーレン・ホンダのアロンソは改良エンジン、ウェットコンディション、そしてチャンピオンの腕を以ってしても今季初のQ3進出はならなかった。

|

« ウェットのアメリカGP予選Q1、サインツがクラッシュ | トップページ | 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62549822

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGP予選Q2、マクラーレン&ロータス脱落:

« ウェットのアメリカGP予選Q1、サインツがクラッシュ | トップページ | 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP »