« 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP | トップページ | ヒュルケンバーグの事故はお咎めなしに »

2015/10/26

ハミルトン、米GP制し3度目タイトル獲得

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
25日(日)、午前の公式予選に続いて午後2時(日本時間:翌4時)から決勝レースが行われた。
スタート時の気温は17度、路面温度は20度、雨は上がっているが、コースはまだウェット部分が残りインターミディエイト・タイヤを装着してのスタートになった。
なおフェラーリ勢の他にボタス(ウィリアムズ)もギヤボックス交換でグリッド5番降格16番手になっている。

6周目、オープニングラップでの接触によるパーツ回収のためやっとバーチャル・セーフティカーが導入された。
7周目、リヤにダメージを受けていたボタスが走行継続を断念、ガレージにクルマを戻した。
12周目にはグロージャン(ロータス)もリタイヤ。
15周目、ついに2番手だったリカルド(レッドブル)がハミルトン(メルセデス)を抜いて首位に立った。
20周目、ライコネン(フェラーリ)がコースアウト、タイヤバリヤに接触したがコースには戻った。(のちリタイヤ)
24周目にはマッサ(ウィリアムズ)がマシントラブルからリタイヤ。
今季ウィリアムズが2台共戦列を去るのはこれが初になる。
27周目、エリクソン(ザウバー)がコース上にストップしたためセーフティカーが導入、これにより10秒以上あった首位ロズベルグと2位ハミルトンとの差が一気に消滅した。
再開後の37周目、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)がリカルドと接触してストップ、このためバーチャル・セーフティカーが導入。
43周目にはクビアト(レッドブル)がクラッシュしてセーフティカーが導入。

56周のレースを終え、ハミルトン(メルセデス)が今季10度目の優勝。
そして自身通算43回目、さらに2008年のマクラーレン・メルセデス、そして2014年のメルセデスAMGに続く3度目のチャンピオンシップを獲得した。

2位は自身のドライブミスで勝利を逸したロズベルグ(メルセデス)。
3位は0.5秒までロズベルグを追い詰めたベッテル(フェラーリ)。
以下4位フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、5位ペレス(フォース・インディア)、6位バトン(マクラーレン)、7位サインツ(トロ・ロッソ)、8位マルドナド(ロータス)、9位ナスル(ザウバー)、10位リカルド(レッドブル)でここまでが入賞。

11位にマシン不調を訴えていたアロンソ(マクラーレン)、最終ラップでリカルドに抜かれW入賞を逸した。
13位ホームグランプリのロッシ(マノー・マルシア)でここまでが完走。
リタイヤとなったのはクビアト(レッドブル)、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、エリクソン(ザウバー)、ライコネン(フェラーリ)、マッサ(ウィリアムズ)、グロージャン(ロータス)、ボタス(ウィリアムズ)、そしてスティーブンス(マノー・マルシア)の8台となった。

アメリカGP決勝レースの結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

|

« 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP | トップページ | ヒュルケンバーグの事故はお咎めなしに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62551009

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、米GP制し3度目タイトル獲得:

» F1アメリカGP(2015 R16) [UKYOのつぶやき]
F1第16戦アメリカGP! [続きを読む]

受信: 2015/10/26 19:13

» F1GP2015 アメリカ [Kyan's BLOG V]
F1アメリカGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝でタイトル2連覇! 【 F1-Gate.com 】 勝ったのはメルセデスのハミルトン,2位に同じくロズベルグ,3位にフェラーリのベッテル。 これでシーズン終了を待たずにハミルトンの年間チャンプが決まる。 おめでとう。 マクラーレン・ホンダはバトンが7位入賞。 ボチボチ結果が出始めたと思うことにしようか。 来シーズンに繋がりますように。 出走20台中,完走は12台の荒れたレース。 コース幅が広くても競って走ればぶつかるのね。 ... [続きを読む]

受信: 2015/10/27 00:47

» F1 2015 第16戦 アメリカGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
いよいよハミルトンのタイトルが秒読みとなった今季のF1も、クライマックスの南北アメリカ大陸シリーズへ。既にこのアメリカでタイトルが決定する可能性すらあるので、アメリカ-久 ... [続きを読む]

受信: 2015/10/27 15:33

» ハミルトンがワールドチャンピオン獲得(2015 Rd.16 USA) [Es Monologue.]
予選が大雨で中止となり、決勝と同日開催となった大波乱のアメリカGP、これを制したハミルトンが勝利とともに今シーズンのワールドチャンピオンを獲得しました。 ハミルトンのチャンピオン決定は時間の問題と思っていましたが、3戦を残して消化試合となってしまいました。今後の見所は、チャンピオンシップ2位がロズベルグになるのかベッテルになるのか、そしてマクラーレンホンダはどこまで上がってこれるか、でしょうか。 それにしても、表彰台でのロズベルグ、これほどつまらない表情で上がったドライバーは見たことがありません... [続きを読む]

受信: 2015/10/27 22:58

« 予選Q3キャンセルで、ロズベルグ(メルセデス)がPP | トップページ | ヒュルケンバーグの事故はお咎めなしに »