« F1エンジン、来季は音質大幅改善に期待 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 »

2015/10/22

レッドブル勢、F1撤退なら法廷闘争の可能性も

Redbull Drink (C)Redbull Racing
拡大します
ルノー・エンジンとの訣別が確実となったレッドブル・グループ(レッドブル・レーシング&トロ・ロッソ)だが、その後メルセデス、フェラーリと搭載するエンジンの交渉が難航、来季使用するエンジンの手当がつかない場合、最悪両チームのF1撤退までささやかれる始末になっている。

しかしこれについてFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表でF1に絶大な力を持つバーニー・エクレストン氏は、次のようにイギリス『インディペンデント』紙に語り、両チームを牽制した。

「彼らが途中でF1を投げ出すというなら、法廷の場に立たなければならないことになるだろう。
なぜなら彼らはFOMとの間で参戦契約を結んでいるからだ。
そこで『エンジンを見つけられないので参戦できません』と証言するのかね。
そんなことが許されるものなのか、彼らは思い知ることになるだろう」と語り、エンジンを手当てすることはチーム側の務めであることを強調した。

|

« F1エンジン、来季は音質大幅改善に期待 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62525324

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル勢、F1撤退なら法廷闘争の可能性も:

« F1エンジン、来季は音質大幅改善に期待 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、米GPでタイトル王手 »