« グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 | トップページ | 今年で2回目を迎えるロシアグランプリに、 昨年よりも一段階軟らかい組み合わせのソフトとスーパーソフトが登場 (ピレリ) »

2015/10/06

ツェッチェ会長(ダイムラー)、「テレビのF1は時代遅れ」

Dieter Zetsche (C)Mercedes Motorsport
拡大します
目下F1チャンピオンシップを席巻するメルセデスAMGチームだが、そのメルセデスを傘下に置くダイムラーAGのディーター・ツェッチェ会長が、「テレビ放送に頼るF1は時代遅れ」とFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の姿勢を糾弾した。

「いま時代の流れは明らかにインターネットを経由した双方向の通信が主流になっている。
そうした意味で、F1はモーターレーシングのトップカテゴリーと言いながらもその手段は遅れている。
テレビだけでは片方向、F1の魅力を十分に活用しているとは言い難いからね。
これからは世界のファンがリアルタイムで意見を書いたり、ピットストップのタイミングを提案するんだっていいと思う。
これまでの概念から飛躍したアイデアを検討すべきなのだ」

昨年、メルセデスはWタイトルを獲得しながらもその収支決算は赤字だったと報告されている。

|

« グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 | トップページ | 今年で2回目を迎えるロシアグランプリに、 昨年よりも一段階軟らかい組み合わせのソフトとスーパーソフトが登場 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62420039

この記事へのトラックバック一覧です: ツェッチェ会長(ダイムラー)、「テレビのF1は時代遅れ」:

« グロージャン、「残り5戦はエンストンに恩返し」 | トップページ | 今年で2回目を迎えるロシアグランプリに、 昨年よりも一段階軟らかい組み合わせのソフトとスーパーソフトが登場 (ピレリ) »