« エクレストン氏、レッドブルのエンジン問題に危機感 | トップページ | マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 »

2015/10/05

来季開幕前倒しで早くもハースF1に試練

Gunther Steiner (C)RedBull Racing
拡大します
十分参入までの時間を取った筈のハースF1チームだったが、それでもやはりかべての障害を取り除くことは想定できなかったようだ。
それは、2016年シーズンのF1スケジュールがここに来て急に早められたこと。

当初の日程では開幕戦オーストラリアGPは4月3日(日)が決勝。
しかし先のWMSC(世界モータースポーツ評議会)会議によりこれが3月20日(日)まで早められることとなった。
そしてこれに伴いシーズン前テストの日程も前倒しに早められることになったが、これもが新規参戦ハースF1にとっては重大な脅威になるのだという。

同チームの代表に予定されるギュンター・シュタイナー氏は、「明らかにこれはわれわれにとって悪いニュースだ。
なにしろわれわれはまったくゼロからF1マシンをつくりあげなければならないんだ。
開幕までにわれわれがやらなければならない仕事はそれ以外にも山ほどあるのに、急に早められて、いったいどうやってその時間を捻出するというんだ」と、スケジュール改変を嘆いた。

2016年最初のシーズン前テストは2月22日(月)にスタートする。

|

« エクレストン氏、レッドブルのエンジン問題に危機感 | トップページ | マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62413768

この記事へのトラックバック一覧です: 来季開幕前倒しで早くもハースF1に試練:

« エクレストン氏、レッドブルのエンジン問題に危機感 | トップページ | マノー・マルシア、「最強エンジン搭載はプレッシャー」 »