« 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも | トップページ | アロンソ(マクラーレン)はバトン残留を希望 »

2015/09/11

レッドブルvsルノー、シンガポールGPで最終交渉

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
かねてその関係解消が話題になっているレッドブル・レーシングとそのエンジン・サプライヤーであるルノーとの交渉だが、いよいよ来週行われるシンガポールGPで結着が付けられるかも知れない。

これはレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が明らかにしたもの。
「みんながこの話題について関心を持っているのはわかっているよ。
いつ結論が出るのか、それは私が決めるものではないから明言はできない。
しかし次のシンガポールGPで両者が重要な決意を持って会談する、ということだけは言っておこう。
少なくともそこである態度の方向は見えるんじゃないかな」と、マルコ博士。

フランス・メディアの中には、すでにルノーのカルロス・ゴーン/CEOが独自路線でいくことにゴーサインを出したと言う向きもある。
なお、決別した場合の同チームの選択はフェラーリ・エンジンになるとの見方が有力だ。

|

« 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも | トップページ | アロンソ(マクラーレン)はバトン残留を希望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62258542

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブルvsルノー、シンガポールGPで最終交渉:

« 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも | トップページ | アロンソ(マクラーレン)はバトン残留を希望 »