« ハミルトン(メルセデス)、「鈴鹿では毎年苦しんでいる」 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、予想通りの2ストップ戦略で、 2番グリッドスタートから日本グランプリを制す (ピレリ) »

2015/09/28

新井康久氏(ホンダ)、「アロンソ発言は激励として」

Honda Fans (C)Honda Racing
拡大します
「まるでGP2」というきつい表現で非力なマシンに不満を表したフェルナンド・アロンソの無線交信について、ホンダの新井康久/プロジェクト総責任者は「激励と思って受け止める」と、殊勝な態度で対応した。

「きつい言葉だったが、激励だと思って受け止める。
ドライバーの立場からはそう感じたのだろう。
およそレーシングドライバーというものは、みなライバルに勝つために走っている訳で、自分がオーバーテイクされるのを苦痛に思わないドライバーはプロフェッショナルとは言えないのだと。
当然のことだと思っている。
鈴鹿での3日間は信じられないほど多くのファンから声援をいただいた。
感謝すると共にこれを糧にして、残りのレース、そして来年に向けて頑張りたい」

結果的に11位という順位でフィニッシュしたものの、元チャンピオンであるアロンソはコース上で何回もオーバーテイクされる屈辱を味わった。

|

« ハミルトン(メルセデス)、「鈴鹿では毎年苦しんでいる」 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、予想通りの2ストップ戦略で、 2番グリッドスタートから日本グランプリを制す (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62368957

この記事へのトラックバック一覧です: 新井康久氏(ホンダ)、「アロンソ発言は激励として」:

« ハミルトン(メルセデス)、「鈴鹿では毎年苦しんでいる」 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、予想通りの2ストップ戦略で、 2番グリッドスタートから日本グランプリを制す (ピレリ) »